So-net無料ブログ作成

今日はスプリングスティーンの「ザ・リバー」で気分をアゲた [洋楽ロック]

今日はなぜだかブルース・スプリングスティーンが聴きたくて、
そうなると決まってプレイするのはアルバム「ザ・リバー」
たまに無性に聴きたくなるんです、スプさん。

LPだと2枚組でボリュームあるけれど、
ラフな手触りのアップテンポなロックンロールが多く
冒頭の3曲を聴くだけで気分が上がります。




リアルタイムのスプリングスティーン体験は
ぼくの場合は「ボーン・イン・ザ・USA」からになる。
そのツアーで来日したときは代々木体育館のライブにも行った。

アルバム「ボーン」はいかにも80年代的なサウンドで
シンセ入れたアレンジと全体の曲調がぼくにはもうひとつでした。
それでもよく聴いたな、懐かしいアルバムです。

「ボーン」に比べて「リバー」の方は
70年代Eストリートバンドのガレージ感の完成系といった趣で
80年代直前までのアナログ感が息づくところがグっときます。
リリースは80年ですけどね。。

あ、パンクの影響もあったのだろうか?
間延びしないところは、そうかもしれないな。


アルバム「ボーン・トゥ・ラン」も「闇に吠える街」も
どこかもっさりしていてぼくにはしっくりこないので、
やっぱり「ザ・リバー」の勢いがぼくは大好きなのです。


甘酸っぱくてオールディーズ感のあるメロディと
ガレージ度の高い8ビートの疾走感、最高です。
レコかけるのが面倒でパソコンで鳴らす時には
ミディアムとスローをすっ飛ばしてひたすらR&Rだけをつないで
勝手に気分を上げてます。


あと、ジャケットのどアップの面構えもカッコいいねぇ。
「ボーン」で特大VIPになる前のやさぐれ感がまだ残る、
ストリート・ロックンローラー然とした「いい顔」ですな。

まあ、当時もすでに売れてはいたわけですが、
なんとなく時代も本人も変わっていく狭間の
一瞬を凝縮したようなザラついた輝きのあるアルバムだと
思うわけですね。勝手にね。


何度聴いたかわからない「ザ・リバー」ですが
今日ももやった頭をスッキリさせてくれました。
R&Rがあれば、なんとか生きていけそうです。。

スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。