So-net無料ブログ作成

ホリー・クック(Hollie Cook)のレゲエにグっときた [レゲエ / ダブ]

先程、メールボックスをチェックしていたら
HMVから渋谷レコードショップの2周年記念のお知らせが。
その中に、CARLTON & THE SHOESCHRISTOPHER ELLIS
サイン会というのがありちょっとビックリ。来日するんですね。
10月のクアトロ公演、そんなにチケット代が高くないようなので
行けたら行こうかな。。


CARLTON & THE SHOES、まだ活動していたんだ。
ぼくは彼らの名盤『This Heart of Mine』が大好きで、
人前でレコードをかける機会があるときは必ず持参して
スウィートな「Give Me Little More」をかけたりします。

carlton.jpg
ディス・ハート・オブ・マイン(紙ジャケット仕様)


「Give Me Little More」はクレモンティーヌのカバーも良かったけれど
やっぱりカールトン・バージョンが大好き。
YouTubeにありそうなので、甘くて気持ちいいレゲエが好きな人は
ぜひ聴いてみてくださいませ。



...とか書いてますけど、実はそんなにレゲエに詳しいワケではありません。
でも、好きは好き。特にラヴァーズ・ロックと呼ばれているような
甘いメロディアスなレゲエが好きですね。
あ、でも、スカもルーツ系もダブも少しづつLPやCDは持っていて
たまに聴いていたりもします。


そんななか、先週末の菊地成孔さんのラジオ「粋な夜電波」での
ソウル特集を聴いてたら、プリンスやダン・ペンに混じって
知らない女性レゲエ・シンガーの曲がかかりました。

なんでも、セックス・ピストルズのドラマー=ポール・クック
カルチャー・クラブのバックコーラスの方との娘さんだそう。
そんなアーティストがいたんですね。それが「ホリー・クック」です。


TWICE [輸入盤CD] [MRBCD112]

ラジオでかかったのはこの最新アルバム(2015年)から「Twice」でした。


この人、再結成スリッツに参加していたりトロージャンズ
ゲスト・シンガーもしていたりしたそうで、どうやら現在進行形の
UKレゲエ界の重要アーティスト、といえそうですね。


Apple Musicで2枚のアルバムと1枚のダブ・アルバムを聴いたところ
UKレゲエらしい端正でクールなサウンドと歌声が心地よい。
プロデュースは普段からよく聴いているプリンス・ファッティ(Prince Fatty)
自分の中でフェイバリットが繋がりましたw


SURVIVAL OF THE FATTEST

Prince Fattyのこのアルバムも大好きですが
よくよく確認したら6曲目でホリー・クックさん歌ってました。
自分がノー・チェックなだけでしたね(汗)



やっぱり夏場はレゲエが良い、ということで
今年はホリー・クックさんがヘビロテになりそう。
ビニール盤を探してみることにします。


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。