So-net無料ブログ作成

METAFIVE『METAHALF』4月にアナログレコードでリリース [日本のロック]

昨年のレコードストアデイ限定販売で争奪戦になったMETAFIVE。
後日に限定で追加プレスがあったのでぼくはなんとかそれで入手しました。
一度ライブも観に行きましたが、カッコよかったなぁ。
アナログレコードで爆音で聴きたいアーティストですね。

そんなMETAFIVEの2016年11月リリースのミニアルバム『METAHALF』が
アナログレコード化決定、各販売サイトで予約開始されています。
アナログ化を見込んでCD買わなくてよかった(笑)




上記リンクはアマゾンですが、タワレコ、HMV、楽天ブックスと
ひととおりポイント還元率と保有ポイントを確認してみたところ
楽天ブックスが一番ポイント還元率が大きかったのと
自分の保有ポイントで買えそうだったので楽天で予約しました。
悲しき貧乏音楽マニアには地道なポイント取得も大事なんです^^;


METAHALF [ METAFIVE ]

画像が楽天ブックスのリンクなんですが
サイトを見るとパッケージが「CD」となっているんですよね。
でも発売日と価格とJANコードで調べたらこれはアナログでしょう、
と自分で勝手に判断して予約してみました。

一応「CD」となっていますので、もし楽天で予約する場合は
最終的にご自身で判断してくださいねー。


ジョン・セバスチャンの1st『JOHN B. SEBATHTIAN』 (1970 UK盤 RSLP-6379) [中古レコード]

今年に入って入手した中古盤の続き。

今回は1月に都内DUで30%オフにて購入(840円)した
ジョン・セバスチャンのファースト・ソロ・アルバムです。

IMG_1547.jpg
ジャケは結構スレが目立ちますね。

IMG_1548.jpg
裏ジャケもリングウェアや天底の縁にスレがあります。

IMG_1549.jpg
見開き(ゲイトフォールド)ジャケットです。
小さい写真でCS&Nの姿も確認できます。

IMG_1550.jpg
白の内袋にはUKパテントナンバーの記述が。

IMG_1551.jpg
IMG_1552.jpg
リプリーズ・レーベルのデザインはUSとは違う、3色で船のイラスト入りのもの。
eBayでは"three colour Reprise steamboat label"という記述もありました。

IMG_1553.jpg
裏ジャケの参加ミュージシャン・クレジットの拡大。
ダラス・テイラー、ハーヴィー・ブルックス、クロスビー・スティルス&ナッシュ、
それからアイケッツなんかもクレジットされています。


UK盤が30%オフで1000円以下だったので思わず買っちゃいました。
多分、家のどこかにUS盤があるはずですがすぐに捜索できないので(汗)
ひさしぶりにこのUK盤で聴いてみましたよ。


そもそも、ラヴィン・スプーンフルやセバスチャンのアルバムは
レコードで何枚か所有しているものの、あまり積極的に聴いていなくて
自分の中では印象の薄いグループ/アーティストでした。

それでも、あるときこのアルバムを欲しいと思ったキッカケは
ピチカート・ファイヴのSONY第一弾アルバム『カップルズ』に
「マジカル・コネクション」の日本語カヴァーが収録されていたから。



その夢の中にいるような極上メロウなソフトサウンドが大好きで
オリジナルも聴きたいと思いレコードを探して買った記憶があります。
いまだに佐々木麻美子さんがボーカルのピチカート版の方が好きなんですが^^;


このUK盤(RSLP-6379)、Discogsで確認したところ1970年リリースなんですが
リストの早い順番には同じく1970年リリースの K-44086 という品番のUK盤も
確認されました。K品番の方がファースト・プレスということなのかな??


音の方は、盤面の見た目が綺麗目なわりにはノイズがちょっと気になりました。
それでも、UK盤が格安で入手できたのはラッキー、嬉しい買い物でしたね。
いずれUS盤を家の中で発見できたら、
また音の感触の差異でも探ってみようかと思います^^



60'sガレージパンクの基本、THE STANDELLS『DIRTY WATER』US MONO盤を入手。 [中古レコード]

1月に記事アップした時に「今年はなるべくマメにブログを書いて...」
なんて書きましたが、案の定なかなか更新できず。
相変わらずのペースで、音楽やレコードの話をまたボチボチと。


2月も中旬になりましたが、今年に入って中古レコードを買ったのは
6〜7枚といったところでしょうか。
中古屋のある街になかなか出かけられないので
ネットで新品レコードを買う頻度が上がってます^^;

一番最近購入した中古盤は、60's USガレージパンクの名盤LP
THE STANDELLS(スタンデルズ)『DIRTY WATER 』の
US MONO オリジナル盤です。

IMG_1508.jpg
薄い背割れがありますが目立たず、底抜けはなし。
US盤ならではのかすれ具合の薄いリングウェアあるもののこれくらいならOK。

IMG_1509.jpg
裏ジャケも書き込みなどなく、まずまずの状態。

IMG_1510.JPG
IMG_1511.JPG
TOWERのオレンジレーベルに薄いヒゲは結構ありますね。
マトリクスは枝盤 1A/1B、盤面は薄キズあるもののVG+〜Ex-レベルです。

レコード番号は「T-5027」でこれがMONO盤、
STEREO盤は「ST-5027」となるようです。


東京方面に出かけた際に立寄ったDUにて購入。
USオリジで1995円というのは自分の許容範囲の価格、
家に帰ってeBayで調べたら相場よりお安い買い物だったようで満足でした。


もともと、60'sブリティッシュビート、USガレージパンク、
UKパブロック、US&UKパンク、その後のガレージ〜ビート系など
R&B〜ブルース・ルーツのロックンロール・バンドが大好きで。

このスタンデルズの名曲「Dirty Water」は、
UKのTHE INMATES(インメイツ)のソリッドなカバーをリアルタイムで聴いていて
その昔は自分のバンドでもコピってレパートリーに入れていたりしてました。


これね。パブロック名盤です!


オリジナル版(スタンデルズ)「Dirty Water」を初めて聴いたのは
確かコンピ盤『NUGGETS』(レニー・ケイ選曲)でだったと思います。
リイシューのLPレコードだったような... 記憶が曖昧ですが(汗)


最近『NUGGETS』のオリジナル仕様でのCDが日本ではじめてリリースされて
合わせて日本独自編集の『NUGGETS Vol.2』『NUGGETS Vol.3』も
CDでリリースされました。


オリジナル・ナゲッツ


ナゲッツ Vol.2


ナゲッツ Vol.3


先日の「山下達郎サンデーソングブック」でこのナゲッツ・シリーズが特集されて
たまたまそれをラジコのタイムシフトで聴いた直後に今回のレコに出会ったので
思わず手に取って購入した、という次第です。


スタンデルズやナゲッツを聴いているとガレージ〜R&R魂に火がつきますな。
シンプルな3コード・ロックをまたいろいろ掘ってみたくなります。
やっぱり究極なのはオリジナル7インチのコレクション、になるのかな。
ハードルは高いですね。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。