So-net無料ブログ作成

高田文夫新刊『TOKYO芸能帖 1981年のビートたけし』出版記念イベントあり! [笑芸]

昨日の「ラジオビバリー昼ズ」は高田文夫先生の担当日。
そのなかで新刊(15日発売)の案内がありました〜


TOKYO芸能帖 1981年のビートたけし

高田先生といえば「ビートたけしのオールナイトニッポン」。
たけしとANNのエピソードの他にも昭和の芸能/笑芸について
キャンディーズ、山口百恵、永六輔、村田英雄、三波春夫、古今亭志ん朝、
立川談志、フィンガー5、大瀧詠一、森田芳光、爆笑問題、宮藤官九郎、
松村邦洋、浅草キッドなどのエピソードが満載の本だそう。

これは買わねば!と思ったところ
3月24日に八重洲ブックセンターでこの本の
出版記念トークショーをやる!との情報が。
これは行かねば!!


八重洲ブックセンター本店店頭での予約の他に
電話予約(イベント当日購入で可)も受け付けていたので
放送で案内があってすぐに電話してみました。
20分くらい繋がらなかったものの無事予約完了。

当日はゲストで松村邦洋さんも参加されるとのこと。
高田先生のトークショーでは毎回、放送出来ないような
危ない爆笑エピソード満載なので、今回も期待です^^


限定100名とのことですが
今日のビバリーではまだ若干残席ありとのことでした。
サイン本買うだけで無料参加できるので
高田先生フリークは急いで申し込みましょう!

八重洲ブックセンターの案内ページ
→ http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/11514/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ポール・マッカートニー2017、武道館公演決定! [ビートルズ関連]

ああ、やっぱり!
4月のポール・マッカートニーの武道館公演が発表されました。
今回もあると思ってたんだよなー。

現在チケットぴあで「最速先行抽選」受付中です!

チケットぴあ


武道館でやってくれるのは超ウレシイけど
チケット代はやっぱり高額。

SSが10万円、Sが8万円、Aが6万円、Bが4万円。
Bでもいいから行きたいけど経済的キビしいよ。
ドーム1回だけにしとくかな。。


なにしろ武道館、体験すれば特別感は格別でしょう。
一生の思い出になると思います。
ストーンズの武道館行けたから、よく分かります。
行った人のレポートを今から楽しみにしています^^


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

MOTT THE HOOPLE『MOTT』UKリイシュー盤LP [中古レコード]

2月から今月にかけて何かと出かける機会が多かったので
街に出ればレコ屋に立寄り、相変わらずいろいろ安レコを買ってます。
これは2月中旬に町田のDさんにて購入。

MOTT THE HOOPLE "MOTT"
UK Castle 1987年 リイシュー盤LP
購入価格:309円


IMG_2122.jpg
リイシュー盤ならではの粗雑な作りのシングルスリーブ。
オリジナルは見開きで、表のブロンズ像のような顔の部分が
確かフィルムで透けている特殊ジャケだったような?
「MOTT」ロゴもオリジは黒文字で、1stプレスはステッカー添付もあり。

IMG_2123.JPG
裏ジャケとインナーバッグ。オリジはもちろんバーコードなし。

IMG_2124.jpg
裏ジャケ下部にはCASTLEのロゴ。ありがたくない(笑)

IMG_2125.jpg
IMG_2126.jpg
黄色いCastleのレーベル。つまらんなぁ。
オリジはオレンジCBSで中央のCBSマークを線で四角く囲ったタイプ。

と、全体にショボいリイシュー仕様のレコなので
満足度はかなり低いですが、309円はまあ妥当か。


なんで買ったかというと、レコードで聴きたかったから。
1年前のボウイ逝去に伴い関連音源を聴きたくなって
モットもまたひととおり聴きたくなったのですが、
初紙ジャケ化の時に買った全CDを売却してしまっていたので(汗)
安いレコードでもいいので聴ければいいか、ということで。

ちなみに紙ジャケCDはこれ。



もう廃盤だけど、意外にお安いですな。
モット、日本では人気なさそうです。。



しかしまあ、Castleのリイシュー盤というのは
以前からあまり良い印象はないです。
そっけないジャケの作りと簡易なレーベル印刷、
そして音もあまり良くなかった(というか悪い)ような。

ただ、曲を聴くのを主目的とすればこれでも十分かも。
ある程度の音量で聴けばロックンロールは曲の力で乗り切れるのだ(笑)


A面、B面のそれぞれ1曲目が、やはりいいですなぁ。
B-1「Drivin' Sister」は某RCの雨上がり風でもあり
大味なロックンロールの名曲と言えましょう。大好き。


ところでこのアルバム、US盤はジャケ違いだったのね。
こんなジャケット。



UK盤の方がアートワークのオリジナリティありますね。
US盤LPは家の中のどこかにあるかもしれない...



モット・ザ・フープルについてはあまりこだわりないですが
もしUKオリジを安く見かけたらまたあらためて買ってみようと思います。
それまでこのアルバムはこのリイシュー盤で聴きまーす♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。