So-net無料ブログ作成

感動の『ラストワルツ』@立川シネマシティ [映画]

先週書いた映画の話の続き〜。


ザ・バンドの『ラストワルツ』のリバイバルが数ヶ月前から都内であり
観たいなぁと思っていたもののずっと見逃していたところ、
立川での爆音上映を知って行ってきました立川シネマシティ。

映画の当日券は1,800円だけどシネマシティ会員になると
なんと1,000円で観られるので事前に有料会員登録して席予約。
この映画館は面白そうな映画を常にピックアップしているので
今後も通って有料会費分はペイできるだろう〜。


ウチからは電車乗り継ぎ約1時間、結構遠いねー立川。
シネマシティには昨年「ベイビー・ドライバー」を見にきて
その時にいろいろ街も散策したので地理的には迷わず到着。

IMG_1951.JPG


『ラストワルツ』はもちろん以前から観てはいました。
30年以上前にレーザーディスクで買ってそれでずっと鑑賞していて。
いつしかLDもすたりプレーヤーも壊れて使えなくなり、
DVD時代ににはソフトも買わなかったので観るのは超久しぶり。

でも、オープニングからエンディングまで
各シーンと音楽は体に染み付いております。
なにしろ、登場するほとんどのアーティストの動く姿は
この映画ではじめて観て感激し、各曲もオリジナルよりも
このラストワルツのバージョンの方がしっくりくるくらい。

学生時代の当時、ウチに友人達と集まっては
ロビー・ロバートソンのギターかっこいー、とか
ドクター・ジョンのピアノすげー、とか
ニール・ヤング汚ねー、とか
ヴァン・モリソンの衣装だせー、とか(笑)
まあ飽きずに毎回盛り上がって観ておりましたです、ハイ。


この30年の間にも劇場上映あったのかもしれませんが
映画館で観るのは今回がはじめてでした。
でかいスクリーンで観るラストワルツ、やっぱり最高でした^^

ゲストも全員素晴らしいけれど、なんと言ってもザ・バンドの姿にグっときます。
解散間近で微妙な人間関係だったこともありインタビュー時の
各メンバーの複雑で物憂げな表情があらためて印象的ですが、
それでも演奏時の各パートの個性的プレイとボーカル、バンドとしてのグルーヴには
普遍的なあらがえない魅力があります。なんだかウルウルしました。

細かく印象的なシーンを上げるときりがない(というか全シーン好き)ですが
とにかく映画館で観られてよかった!と思えるラストワルツ鑑賞なのでした〜。


そういえば、近年になってリリースされた40周年盤はアナログも出てるのねー。
お高いのでApple Musicで聴いております。
クラプトンとダンコのデュエット「All Our Past Times」がイイ!


THE LAST WALTZ [12 inch Analog]



さて、当日は13:00からの「ラストワルツ」を観終えて
いざディスクユニオンへ。立川はDUがあるから好き。
たっぷりとアナログを見て500円以下のレコードを複数購入
(サンディ&サンセッツ、TERENCE BOYLANのAsylum盤、
クールス、WARなどなど)。

レコ漁りを堪能したところで、せっかく立川まで来て
会員にもなったのでもう一本映画を観ました。
十数年振りの映画のハシゴw

その一本とは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』だ!!
(続く、かも)

スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。