So-net無料ブログ作成

ラストワルツ40周年音源でクラプトンのアウトテイクを聴いた [洋楽ロック]

昨日仕事をしながらApple Musicで音楽を探していて
「For You」を見ていたら「今日のおすすめロック」で
ザ・バンドのラストワルツがあったんですが
見たことない黒いジャケ写だったので曲目を見てみました。

すると、サントラのオリジナル盤や映画に収録されてない曲が
たくさん入っているではないですか。
映画で見た参加アーティストの別曲などがたくさんあって。
思わずいろいろ聴きいってしまいました。


調べてみると、40周年記念盤が昨年末に出ていたようで
どうやらそれと同じジャケットのストリーミング版でした。
Apple Musicでは全54曲ですがボックスでは5枚組で
CD4枚と映像のブルーレイ1枚のセットみたいです。





2002年にも「完全版」なるものが出ていたみたい。
いずれにせよアウトテイクが結構前からオフィシャルで
出回っていたのですね、聴いたことなかったなぁ。


映画には収録がなく、はじめて聴けて嬉しかったのは
エリック・クラプトンとの「All Our Past Time」。
クラプトンのアルバム『NO REASON TO CRY』収録曲で
スタジオ版でもリック・ダンコとボーカルを掛け合い
ギターソロはロビー・ロバートソンと交互に弾いています。



このミディアムの泣けるメロディが昔から好きだったので
ライブで、しかもラストワルツ・バージョンで聴けるのは
すっごく嬉しかったですね^^

当初のオリジナルサントラや映画で共演者は原則1曲ずつ収録なので
クラプトンの場合はブルース曲を活かした、ということですな。
「All Our 〜」でロバートソンのギターにちょっとしたミストーンがあるので
それで彼が落としたのかもしれないですが。。


いままでは買わないと聴けなかった曲の数々が
YouTubeやApple Musicで気軽になんでも聴けるのは
音楽好きにとっては本当に良い時代になったものです。

音質がひどすぎて聴いてられない、という方もいますが
ぼくは耳が良い方ではないし音楽そのものをたくさん聴きたいので
ちょっと聴きには十分だし重宝しています^^

でも結局、無料やストリーミングで聴いて気に入ったのは
フィジカルで欲しくなるのが物欲世代の悲しき性。
きっとこれからもレコードは増え続けることでしょう(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。